光が丘パークヴィラ

社団法人全国有料老人ホーム協会会員・介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

写真で見る光が丘パークヴィラ

共用部分 専用居室 イベント 四季風景

  • トップページ
  • はじめに
  • 施設概要
  • 専用居室
  • 共有部分
  • 看護・介護について
  • イベント・趣味娯楽
  • 周辺環境
  • パークヴィラの四季
  • ご利用料金・手続
  • ご見学・体験入居のご案内
  • 周辺地図・交通案内
  • 資料請求・お問合せ
  • パークヴィラ書籍案内
  • よくある質問
  • ケアセンター利用質問
  • 早分かり(重要事項)
  • 重要事項説明書
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ

ケアセンター利用QandA

1Q. ケアセンターの目的は

光が丘パークヴィラにご入居の皆様が、ご不自由になられ、居室での生活が困難と判断された時又は病気でも対応可能な場合、退院しても居室での生活が心配な場合は、ケアセンター介護室で対処できます。入院が必要ない場合、また病院での治療がなく、退院を要請される場合にもお世話させていただきます(医師、看護職員が判断いたします)。
同一建物内診療所(運営:医療法人社団祥和会中村内科クリニック)の在宅医療、訪問診療で支援されます。直近10年間の統計では約85%の方が、施設内で最期を迎えました。

2Q. ケアセンターはどのような場合に利用するのですか。
  • 障害等により、居室での生活が困難と判断される場合
  • 判断力の低下、見当識の低下(自分の居室がわからない)、徘徊、不潔行為、問題行動等があり、他の入居者に迷惑をかける場合で、居室での生活が無理と判断される場合。
  • 病院より退院を要請される場合も受け入れます。入院対応が必要な場合は、入院をお願いいたします。
3Q. 病気は、どの程度なら利用できますか
入院の必要はないが居室では心配な病気、訪問診療を受けながらケアセンターで対応できる病気、病院では治療がなく退院を求められる場合、病院から診療所での対応を求められる場合等は、医師、看護職員の判断により居室又はケアセンター介護室で対応いたします。同一建物内診療所(運営:医療法人社団祥和会中村内科クリニック)の在宅医療、訪問診療の支援を受けて対応がおこなわれます。手術を要する病気、入院対応が妥当と判断される病気、専門治療、特殊検査を必要とする病気等は、病院対応となります。この判断は医師が行い、本人、身元引受人と相談し、承諾を得て決定いたします。緊急を要する場合は事後承諾となる場合があります。ケアセンターでは、医師の管理のもと、看護師、介護職員が対応いたします。
4Q. 認知症は対応できますか
他者への迷惑行為、徘徊、問題行動などが高度で、通常の介護対応では管理不可能な場合は、専門施設に移っていただく場合がありますが、ケアセンターで可能な限り、対応いたします。他所に移っても病状が落ち着き、対応可能な状態になれば、ケアセンターにお帰りいただけます。
5Q. 住み替えはどのような場合に行われますか。
ケアセンター介護室での生活が長期(状態により3ヶ月で判断)にわたっており、医師、看護職員、介護職員による移行判定委員会で、将来にわたり居室での生活は不可能と判断された場合は、本人、身元引受人の了解を得て、「住み替え覚書」を交わし、住み替えをお願いします。
6Q. 住み替えで権利は変わりますか。
一般居室の利用権がケアセンター介護居室に変わるだけで、その他の諸権利はそのまま継続されます。管理費は、一般居室の管理費と同額ですが、水道光熱費が含まれます。ただし空調機器の電気料はご負担いただきます。住み替えの際の費用は、本館居室の住み替え諸雑費(一般居室の消耗品の更新費用、廃棄代等)のみです。
7Q. 内部構造はどうなっていますか
3階建鉄筋コンクリート造りです。種々の安全装置、快適な暮らしのための配慮をいたしました。
1階. ロビー、介護支援センター、喫茶室、介護居室(個室7室)、共用トイレ
2階. ケアセンター、食堂兼デイルーム、パントリー(台所)、介護居室(個室7室)、介護浴室、特殊浴室、共同トイレ
3階. ナースセンター、食堂兼デイルーム、パントリー、介護居室(一時介護室3室、個室6室)、共同トイレ

24時間ヘルパー・看護師が常駐しております。

廊下、入口にはテレビ監視装置等が設置されております。

8Q. 個室の広さはどのくらいですか。家具は置けますか。
個室の広さは21.6m²。部屋の家具は多少持ち込めます。カーテン・ベッド・サイドテーブル、収納棚等は設置済みで、すぐ使えます。トイレ、洗面台が備えられております。空調、脱臭装置も設備してあります。家具の一部、テレビは持ち込めます。寝具は衛生上のこともありリース寝具をお使いいただきます(消毒、洗濯等管理)。持ち込み家具については、限りがありますのでご相談ください。
9Q. 電話は引き込めますか。
電話の必要な方は設置できますが、病状により判断させていただきます。外部へは「0」発信、外からの電話は事務所で取り次ぎます。料金は自動計算されます。ナースコール、放送設備は各室に用意されております。
10Q. ケアセンターの費用は
水道光熱費は管理費に含まれますが、空調機器の電気料、寝具リース代は別途ご負担いただきます。通年式の料金としております。個人の日用消耗品、介護保険外(オムツ、病院送迎費、理美容代等)は自己負担です。

洗濯は洗剤代のみです(介護保険利用者の場合)。
介護保険非認定者は有料(540円/2kg)です。

室料 個室4,320円/日,一時介護室2,160円/日

一時介護室は利用3ヶ月まで無料です。

住み替えの場合は、介護居室管理費となり、介護室料はかかりません。

11Q. ケアセンターでの介護費用は
介護費用は、介護保険認定者は、介護度による介護費用の一割負担となります。介護認定を受けていない方で急な病気等の場合では介護保険が使えませんから、介護・看護費がかかります。必要なら介護認定を申請し、認定されれば、申請日から遡って介護保険が使えます。
12Q. 介護保険利用の手続きはしてもらえますか
当施設の介護保険は、特定施設入居者生活介護という介護保険で、施設内の介護支援センターから申請され、外部のケアマネージャーの調査と、医師の意見書により区の判定会議で介護度が認定されます。
認定介護度による介護費用の1割負担がかかります。
13Q. ケアセンターを利用し、長期になった場合、居室は空けなければなりませんか
ケアセンターを利用して3ヶ月が経過した場合、心身の状態から、長期療養が必要か、将来居室での生活が可能か検討されます。医師、看護職員、介護職員による移行判定委員会で判断され、居室での生活が将来にわたり不可能と判断された場合は、本人、身元引受人の了解、承諾を得て、住み替えをお願いいたします。二人入居の一人が、同様の判断をされた場合、一人が準住み替えとなり、本館居室の権利はそのままで変わりませんが、2室利用(本館居室、ケアセンター介護室)となり、それぞれが一人入居管理費となります。
14Q. 介護費用は変わりませんか
介護保険の改正があれば変わります。医療保険と同様です。
15Q. ケアセンターでの付き添いは出来ますか。期限はありますか。
介護を目的とした付添いは、原則できません。ご事情によりご相談に応じます。ゲストルームがご利用いただけますが、短期間とさせていただきます。
16Q. ケアセンター個室は選択できますか
介護室は選択出来ません。介護状態により、部屋を替わっていただくことがあります。介護・看護のしやすさも配慮いたしますので、ご協力お願いいたします。1・2階は介護中心の方、3階は病気をお持ちの方で対応可能な方とします。
17Q. ケアセンター住み替えの際、家具は持ち込めますか。
介護室は21.6m²あり、家具の一部は持ち込めます。持ち込めない家具は処分をお願いいたします。お預かりは出来ません。出来るだけ必要な物のみとしてください。
18Q. ケアセンター住み替え後も、トランクルーム、貸金庫は使えますか。
トランクルームは家具整理、処分の際、一緒に整理をお願いいたします。貸金庫はそのままお使いください。貴重品は出来るだけケアセンターに持ち込まないようにお願いいたします。貸金庫に保管するか、身元引受人に管理をお願いしてください。但し貸金庫利用の場合は、貸金庫開閉の代理人をお決めください。
19Q. ケアセンターではタバコは吸えますか。
施設内は禁煙になっております。
20Q. ケアセンター住み替え後も、本館の共用部分は使えますか。お客様を泊めること、食堂も使えますか。
今までと同様、共用部は自由に使えます。ゲストルーム、食堂もお使いください。一般居室以外の利用権は変わりません。一般居室がケアセンター介護居室に変わっただけです。
21Q. ケアセンター長期利用でも、身体状況回復の見込みがあれば、本館の居室は確保されますか。
その時の心身状況により、一時介護室を利用し、居室はそのまま確保できます。原則3ヶ月の経過後判断されます。居室で生活できる見込みがない場合は移り住みをお願いいたします。
ご不明の点はご相談ください。どんなことでもお答えいたします。